EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

コインの説明

仮想通貨QASH(キャッシュ)とは?~仮想通貨取引所Liquid by quoine(リキッドバイコイン)との関係と役割~

更新日:

仮想通貨は世界に普及しつつあり、多くの仮想通貨取引所が設立されています。

仮想通貨の普及とともに増え続けている取引所ですが、増えることで取引が分散化されるという問題も発生しています。
特に流通量が少ない仮想通貨では取引が成立しにくく、普及への大きな妨げとなっています。

そうした問題を解消するために仮想通貨取引所Liquidが誕生し、世界中の仮想通貨取引所を横断的に利用するために仮想通貨QASHが創られました。ここでは仮想通貨QASHについて、切っても切り離せない存在の仮想通貨取引所Liquid by Quioine(リキッドバイコイン)とともにご紹介します。

Liquid by Quoineについてはコチラ↓

QASHとは

「QASH」は、単位も通貨名称と同じ「QASH」とするアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。

仮想通貨取引所Liquidを運営するQUOINE株式会社によって開発され、2017年11月にICOが行われました。
ICOでは大変な人気振りを見せ、当初は1ヶ月の募集期間を予定していましたが、わずか3日間で3億5千万QASHが完売しました。

調達した金額は約134億円に上り、中国の大手マイニンググループ「ViaBTC」の創業者ジハン・ウー氏も参加したとみられています。日本国内で行われたICOとしては、最大規模のものとなりました。

仮想通貨取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)とは

QASHの開発を行っているのは、仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQUOINE株式会社です。

QUOINE株式会社は「仮想通貨交換業者」として金融庁に登録済みです。

もともとはシンガポールに本社を置く「Quoine社」によって「QUOINEX」という仮想通貨取引所を運営していましたが、2017年に本社を日本に移しました。
その後、2018年9月5日に仮想通貨取引所QUOINEXは「Liquid by Quoine」としてリニューアルされました。

QUOINE株式会社は世界的な仮想通貨取引所の運営を目指しており、JPY(日本円)の他にUSD(米ドル)、SGD(シンガポールドル)、EUR(ユーロ)、AUD(豪ドル)、IDR(インドネシアルピア)、HKD(香港ドル)、PHP(フィリピンペソ)、CNY(人民元)といった法定通貨に対応しています。

ただし、日本の法律に完全に準拠しているため、Liquidにおいて提供されている取引ペアの全てを日本人ユーザーが利用することはできません。

QASHはなぜ誕生したのか?

現在の仮想通貨取引は、各取引所が独自のレートで市場を作り、取引を行っています。bitFlyerとbitbankの取引レートは同じではありません。そのことで取引所間のレートの差を利用した「アービトラージ」というトレード手法が可能ですが、多くの問題があります。

流通量が少ない「草コイン」と呼ばれるような時価総額が低い通貨は、取引が成立しにくいという問題があります。さらに取引所ごとに市場が異なるため、ただでさえ少ない売買注文がより分散化します。

そこでLiquid by Quoineは、「ワールドブック」と呼ばれる市場を作ろうとしています。

例えば日本人が仮想通貨取引所Binanceで取引したい場合、まず日本の取引所でBTCやETHを購入し、それをBinanceに送金する必要があります。
2つの取引所にアカウントを作り、取引所間の送金も必要です。

しかしワールドブックが実現すると、Liquidにアカウントを作るだけで、世界中の取引所を横断的に利用することが可能になります。

例えば、BNB(Binanceの独自コイン)を日本円で購入することも可能になります。そのときQASHは、ユーザーのアカウントや日本の取引所、Binanceなどの間を循環し、スムーズな取引を可能にします。

QASHは、仮想通貨取引所Liquid by Quoineの発展になくてはならない存在です。

QASHの公式サイト等

仮想通貨QASHと仮想通貨取引所Liquidは常に同期して開発されており、両者の公式サイト等は同じになっています。

公式サイト:https://www.liquid.com/ja/
ホワイトペーパー:https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/liquid-site/quoine-liquid_v1.9_ja.pdf
Telegram:https://t.me/joinchat/GuaLbkJUWB5nVgzLYlV-YA
Twitter:https://twitter.com/QUOINE_Japan
facebook:https://www.facebook.com/Quoine.jp
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCB1-ZWiCtWB9VlcsNYNVQHQ
時価総額ランクング:(CoinMarketCap

QASHの将来性

BinanceのBNBやKuCoinのKCSなど、取引所の独自コインは大きな人気となっています。QASHもLiquid by Quoineの独自コインといえますが、ICOの結果から分かるように、将来性では他の独自コインを大きく上回ると考えられています。

従来の取引所の独自コインは、保有することによって手数料の割引や配当の割当といったメリットが得られます。しかし、メリットが得られるのはその取引所内で完結することです。

QASHにも、日本人ユーザーは対象外ですが、取引手数料の割引やレンディングによる利息収入といったメリットがあります。
しかしQASHには、そういったことよりもっと大きな可能性を見いだすことができます。

ワールドブックが完成すれば、Liquid by Quoineでの取引かどうかに関わらず、全ての仮想通貨取引でQASHが使われることになります。仮想通貨市場が成熟すれば、今ほどの投機的な側面が失われ、実用性が求められるようになります。その時、QASHが大きな価値を持つと考えられています。

また、ロードマップの中でQUOINE株式会社は2019年末までの銀行免許の取得を計画しています。これが実現すれば、日本で初の仮想通貨と法定通貨の両方を取り扱う金融機関になります。このことによって、従来の金融機関や仮想通貨取引所を超えた、新しい金融サービスの提供が可能になります。

QASHを購入するには

QASHはLiquid by Quoine以外の取引所にも上場されていますが、日本円で購入できるのはLiquid by Quoineのみです。Liquid by Quoineは日本の取引所のため、簡単に購入できます。ただし新しく口座を開設する場合は、情報登録後に審査完了通知ハガキを受け取る必要があります。数日程度の日数を要するので、ご注意ください。

 

QASHのまとめ

Liquid by Quoineは、仮想通貨界に革命を起こす風雲児になるかもしれません。そしてその時、なくてはならない存在となるのがQASHです。Liquid by Quoineのワールドブックはすでにβ版が稼働しており、開発は順調に進んでいることと思われます。また、QUOINE株式会社の栢森CEOは積極的にブログや動画で開発状況の報告をしており、進捗情報が随時公開されています。

今後の仮想通貨取引の中心となり得るLiquid by QuoineとQASHがこれからどのように発展していくか、注意深く見守っていきましょう。

 

-コインの説明

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.