EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

コインの説明

仮想通貨Litecoinとは?~実用化に向けたプロジェクトが着々と進行中!~

更新日:

日本ではあまり馴染みのないLitecoin(ライトコイン)ですが、Bitcoin(ビットコイン)の次に誕生した仮想通貨で、時価総額でも常に上位に位置するメジャーな仮想通貨です。『資産』として扱われるBitcoinに対し、日常的な利用に向いているLitecoinは、実用化に向けた多くのプロジェクトが進んでいます。

Litecoinとは

「Litecoin(ライトコイン)」は、単位を「LTC」とするアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。ビットコインに次いで2番目に誕生した仮想通貨と言われています。

Litecoinはなぜ誕生したのか?

よく、「Bitcoin(ビットコイン)が金だとすれば、Litecoinは銀」といった言われ方をされます。Bitcoinを産出量が少なく流動性が小さい『金』に、Litecoinを産出量が多く流動性が高い『銀』に例えた言葉です。Bitcoinの上限発行枚数が2,100万枚なのに対し、Litecoinの上限発行枚数は8,400万枚です。

Bitcoinは最も時価総額が高い仮想通貨として、『資産』的に扱われます。LitecoinはBitcoinの4倍の発行枚数と速い送金決済スピードを実現し、より実用的な仮想通貨として誕生しました。

Litecoinの概要

Litecoinは、2011年10月に、元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によって公開されました。ビットコインをベースに送金決済の速度アップ、マイニングの一般化といった改良を加え、実用性が高められました。

現在はLitecoin Foundation(ライトコイン財団)によって開発が進められており、Bitcoinよりも実用化が近い通貨として注目されています。

Litecoinの公式サイト等

公式サイト:https://litecoin.com/en/
公式サイト(日本語):https://litecoin.org/ja/
gab:https://gab.com/LitecoinDotCom
Twitter:https://twitter.com/LitecoinDotCom
Medium:https://medium.com/@LitecoinDotCom
YouTube:https://www.youtube.com/user/LitecoinAssociation
facebook:https://www.facebook.com/LitecoinDotCom/
Instagram:https://www.instagram.com/litecoindotcom/
時価総額ランクング:CoinMarketCapより

Litecoinの特徴

決済速度はBitcoinの4倍

Bitcoinは、取引記録のブロックが約10分ごとに生成され、チェーン状につながれます。Litecoinの場合は、ブロックは約2分半ごとに生成されます。つまり、送金決済がBitcoinの4倍の速さで行われます。

生成されたブロックに正当性があるか確認し、承認することを「マイニング」と呼びますが、マイニングで計算に使用される「ハッシュ関数」の種類がBitcoinとLicecoinでは異なります。

生成速度が速いことは、ハッシュ関数が簡単であることを意味します。送金決済の速度が上がることは良いことですが、その一方で「51%攻撃」と呼ばれる不正なブロックの承認が容易に行えるようになります。これまで51%攻撃による被害などは報告されていませんが、可能性としてBitcoinより不正を行いやすいと言えます。

次の半減期はいつ?

マイニングには誰でも参加でき、マイニングが成功したら報酬が得られます。その報酬が半分になるタイミングを「半減期」と呼び、Litecoinの場合は約4年ごとに訪れます。次の半減期は、2019年8月ころが予定されています。現在のマイニング報酬は1ブロックにつき25LTCですが、2019年8月には12.5LTCになります。

半減期は、通貨の急激なインフレを抑え、安定した価値を維持するための仕組みです。ただし、半減期の前後で通貨の価格が大きく動くこともあります。

マイナーへの報酬は、その通貨の新たな発行分として流通します。そのため短期的に見ると、半減期によって新たな供給量が減ることになり、価格が上昇することがあります。

長期的に見ると時間の経過とともに落ち着いてきますが、一時的に不安定な相場となることもあります。

LitePay(ライトペイ)の失敗

2018年2月28日、「LitePay(ライトペイ)」というLitecoinのデビットカードサービスを開始しました。従来のクレジットカードに比べると店舗側の負担金も3分の1程度で済むため、小売業を中心に普及が見込まれていました。このとき、Litecoinの価格は急騰しました。

しかし3月、プロジェクトへ拠出した資金の用途が不明のまま、プロジェクトの運営者が事業をストップしてしまいました。プロジェクトはLitecoin Foundation(ライトコイン財団)とは異なる団体によって進められていましたが、Litecoin Foundationはデューデリジェンス(投資などの際に行うべきリスク管理)が十分ではなかったとし、再発の防止に取り組むとの声明を発表しました。

この件に関し、本当にLitecoin Foundationが関与していないかを疑う声もありましたが、多くはLitecoin Foundationは真摯に対応したと判断しました。

その後、4月にLitePayのサービスは再開されましたが、一度失った信用を取り戻すことができるかが注目されています。

実用化に向けたプロジェクトが現在進行形

LitePayによって信用に大きな傷がつきましたが、実用化に向けて他にも多くのプロジェクトが進んでいます。

2017年12月には、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」と提携し、Steam内でのLitecoin決済が可能になりました。

2018年2月に、クレジットカード処理プロバイダであるAliant Payment Systems社が、Litecoin決済の採用を決定したと発表しました。Aliant Payment Systems社では、これまでBitcoinとEthereumの決済が可能でしたが、そこにLitecoinも加わりました。

2018年4月に、仮想通貨デビットカードサービスを開発するTenX社と提携を発表しました。TenX社はシンガポールにあるベンチャー企業で、Bitcoin(BTC)、Auger(REP)、Ethereum(ETH)、Dash(DASH)などを、従来のデビットカードと同じように利用することが可能でした。そこにLitecoinも加わったことで、例えばマクドナルドでハンバーガーを買った時に、Litecoinでの支払いが可能になりました。Bitcoinは価値が高くなってしまったため、日常的な買い物の支払いにはLitecoinやDashなどが向いていると考えられています。

他にも2018年は実用化に向けた動きが多く見られました。今後はLitecoinという決済手段が普及していくか、注目されています。

Litecoinを購入するには

Litecoinは、日本の取引所でも取り扱いがあります。そのため、日本円での購入が可能です。ただし、日本の取引所は取引される量が少ないため、海外取引所を利用したほうが安く入手できる場合もあります。

Litecoinを購入できる仮想通貨取引所

2018年12月27日現在の主な取引所の取引量のシェアは、次の通りです。
・Bibox 14.48%
・OKEx 14.28%
・DigiFinex 7.33%
・Bit-Z 6.68%

多くの取引所に上場されているため取引は分散されており、取引所が関係するリスクが小さいと言えます。

日本人投資家がLitecoinを購入する場合は、以下の取引所がおすすめです。

  • bitbank
    bitbank
    Ripple(リップル)の取引量は、世界でもトップクラスの日本の取引所です。2019年1月5日に取引手数料が改定され、無料から有料に変わります。ただし、取引板に注文を出す「Maker」の場合の手数料は-0.05%なので、手数料をもらうことができます。取引板に出された注文に応える「Taker」の場合は、手数料は0.15%必要です。Litecoinの取引ペアは「LTC/BTC」のみのため、日本円での購入はできません。
  • BITPoint
    BITPOINT
    日本の取引所で、取引手数料が無料です。安定したサーバー運用や、電話での問い合わせに対応してくれるという安心感があります。日本円での購入が可能です。

Litecoinまとめ

Litecoinは日本での知名度はさほど高くありませんが、実用化に向けた様々な取り組みが進行しています。資産や投機の対象としてではなく、日常的に利用できる仮想通貨として、Litecoinが日常に浸透してくる日が近付いてきているのではないでしょうか。

-コインの説明

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.