EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

コインの説明

COMSA(コムサ)トークンとは?~ガチガチのICO用特典付き参加チケット~

更新日:

comsa/コムサ/トークン

日本発のICOプラットフォーム「COMSA(コムサ)」。

今回はCOMSAの概要、特徴、今後の動向について考察を踏まえ、ご紹介していきます。
現在、COMSAは国内取引所のZaif(ザイフ)のみで購入が可能です。

 

COMSA(コムサ)の概要

COMSAの基本情報

名称:COMSA
呼び方:コムサ
コード:CMS:ETH、CMS:NEM
開発者/開発組織:テックビューロ社
上限発行量:なし

COMSA(コムサ)はどんなことをするの?

COMSA(コムサ)とは、国内仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社が開発・運用を行うブロックチェーン統合プラットフォームです。
そして、日本発のICO(イニシャル・コイン・オファリング)プラットフォームでもあります。

COMSAのプラットフォーム上で使われるトークンもCOMSAと呼ばれ、その略号はCMSとなります。

COMSAは、Computerの「Com」と日本語の「鎖(さ)」を組み合わせて生まれた「ブロックチェーン」をイメージした造語です。

2017年10月2日からトークンセールが始まり、2017年12月4日からZaif(ザイフ)にてCOMSAが取引が開始されました。
トークンセールでは約1ヶ月で、約109億円の資金(世界のICOで歴代6位)を調達したことで注目が集まりました。

COMSAは既存経済とクリプト経済(ブロックチェーンを使った経済)を繋ぐためのプロジェクトです。
そして、ブロックチェーンを使ったビジネスやICOのサポートを行うモデルです。

 

COMSA(コムサ)は2種類ある

COMSAトークンにはネム(NEM)とイーサリアム(ETH)のブロックチェーンと互換性がある2種類があります。
一概にCOMSAトークンといってもブロックチェーンがNEMベース(Mosaic)ETHベース(ERC20)とあるのでもちろんチャートも別々に推移しています。

 

COMSA(コムサ)所持の特権

COMSAを所持するメリットには以下のようなものがあります。

 

COMSA(コムサ)内で行われたICOにCOMSAトークンで購入すると5%のボーナスが受けられる

例えば、A社がICOを行い、Aトークンを発行するとします。
このAコインを100枚購入するとき、COMSAトークンを利用すると105枚受け取ることが出来ます。

 

クローズドのプレセールに招待される

特定の上場前のICOに招待されます。
COMSA内のICOということもあり、サポートにZaifがついていることになります。
数々のICO案件が蔓延る中、参加判断がつかない、不安だ、ということも多いですが、バックにザイフがいるのは非常に大きいかと思います。

 

つまり、今後のICOにお得に参加できるということですね。

それともうひとつ。
なかなかインパクトがあったのが下記です。

 

COMSA(コムサ)内でのICO案件はザイフに上場?

ICOがハイリスク・ハイリターンと言われる一番の理由は「上場されるかどうか」ですよね。(持ち逃げは除外してますが)
確約されていない以上、かなり負担の大きいリスクです。

で、COMSAのホワイトペーパーを読んでいると↓↓↓↓↓↓

comsa/コムサ/ホワイトペーパー

COMSA内でICOを行うと自動的にザイフに上場すると書かれています。
これはかなり好材料ですよね。

 

わかりやすく言うと「COMSA内でクローズドICOが行われる=テックビューロ社がOKを出している=ザイフに上場」というわけです。
投資家観点ではここが一番大きい利点かと思います。

COMSA(コムサ)の今後の将来性は?

上記で申し上げた通り、このCOMSAトークンは『今後のICOに参加するためのお得な参加券』になるわけです。

前述のメリットもありますが、これはICOが行われることが大前提です。

昨今はコインチェック事件もあってか

「金融庁さん、ICO規制に対してどうなってんの?」

ICOをする(トークンを販売する)ことは「仮想通貨交換行登録」が必要なんですね。

金融庁の「仮想通貨交換業者一覧」を見ると2017年12月の「株式会社Xtheta」が最新の状態です。

取引所開設とICO実施とは話が全く違うのにね・・・
実質日本ではICOは現在せき止められているといっても過言ではないんですよね・・・

この法整備というか規制が早く固まって欲しいと思っています。

というか、「市場スピードに規制施策が全く追いついてねぇぞ、何らかの指針早く出せ」ってことです。

ここさえはっきりすればCOMSAは今後投資家としても優良アイテムとなり得るかと思います。

 

よってCOMSAの将来性は、ICOの今後と大きく関わってきます。
COMSAを使えば特典もあって、所有者は有利にICOに参加できます。

COMSAでICOに参加するメリットが認知されるにつれ、COMSAの価値は上がっていきます。

日本でもしっかりした規制ができれば、詐欺のようなICOは排除されるでしょう。
市場が健全化されれば、より資金の流入に期待がもてるようになっていきます。

COMSAのICOに参加するメリットですが、十分ありそうです。
ICOに参加したのはいいけれど、トークンが上場されず、売るに売れない、という事態も避けれますし、COMSA内のICOなら、トークンは最低でもザイフで上場します。

ICO規制がどうなるかに大きく関わりそうですが、COMSAの将来性には期待は持てそうです。
長期保有が前提になるものと思われますが、今の段階である程度保有しておいた方がいいでしょうね。

COMSA(コムサ)はもちろんのことザイフで買えるよ

ザイフ

 

 

 

 

 

取り扱い通貨(トークン)

1.ビットコイン(BTC)

2.イーサリアム(ETH)

3.ネム(NEM/XEM)

4.ビットコインキャッシュ(BCH)

5.モナコイン(MONA)

6.ZAIFトークン

7.CounterPartyトークン(XCP)

8.ビットクリスタル(BCY)

9.ストレージ(SJCX)

10.フィスココイン(FSCC)

11.ペペキャッシュ(PEPECASH)

12.CAICAトークン(CICC)

13.ネクスコイン(NCXC)

14.ERC20トークン(COMSA:ETH)

15.Mosaic(COMSA:NEM)

16.JPYZ(ゼン)

テックビューロ社が発行元なのでもちろんザイフで購入できます。

国内で最もトークンの取り扱いが多く、ビットコインの取引手数料もマイナス0.05%、そして唯一仮想通貨の積み立てができる取引所です。

COMSA購入目的の方はもちろんサブとして登録必須の取引所です。

 

>Zaifの登録方法はコチラ

 

-コインの説明

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.