EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

仮想通貨ニュース

Telegramが独自トークン『グラム』の限定販売を発表!

投稿日:2019年6月12日 更新日:

Telegram独自トークンの限定販売をLiquidで実施

大手メッセージアプリ「Telegram」が発行するグラム(Gram)トークンについて、一般への販売が行われることになりました。

テックチャーチが報じたところによると、7月10日からグラムトークンは仮想通貨取引所Liquidを通じて限定販売が行われます。これは、10月に予定されている一般販売の前に行われます。

・「セキュリティファースト」を公言
・100%コールドウォレット
・マルチシグ対応

スマートオーダールーティングで世界中の取引所の最適価格で自動注文が出来ます。

 

グラムトークンは、米ドルまたはUSDC(USD Coin)で、Liquidを通じて購入できます。なお、限定販売の売出価格や販売量は、今のところ明らかにはなっていません。

グラムトークンは既に一部の投資家にICOを行っており、約17億ドルの資金調達を行っています。この資金は、Telegram独自のブロックチェーン「Telegram Open Network(TON)」の開発に使用されています。

今回明らかになった7月の限定販売は、全世界の投資家が参加できるとしていますが、日本やアメリカなどの一部の国や地域は対象外となっています。

また、限定販売でグラムトークンを手に入れた場合、TONがリリースされるまでは売買や譲渡はできないので注意が必要です。

登録3分で完了!ビットコインFXはBitMEX一択!

まとめ

Facebookが発行する通貨が大きな話題になっていますが、Telegramも独自の通貨を発行するようです。

SNSサービスには既にコミュニティが存在し、仮想通貨が流通する環境ができ上っていると言えます。

仮想通貨取引が盛んな日本やアメリカでは、法規制が進んでいます。安心・安全な取引環境を実現させるために必要なことですが、それによって今回のグラムトークンの限定販売に日本人は参加できません。

グラムトークンの販売を行う仮想通貨取引所Liquidは日本に本社を置く企業ですが、足元の日本でのグラムトークン販売はできません。

世界では様々なテクノロジーが日々進歩しています。日本にいることが大きなハンデにならないよう、規制の面も進歩を続けて欲しいものです。

参照記事

Messaging Giant Telegram’s ICO Token Is at Last Going on Public Sale
Liquid Exchange Opens Pre-sale for Telegram’s New Cryptocurrency

さぁはじめよう!安心の国内取引所

bitbank
DMM Bitcoin
QUOINEX

-仮想通貨ニュース

Copyright© EarnerK , 2019 All Rights Reserved.