EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

コインの説明

仮想通貨クアンタムとは?~ビットコインとイーサリアムのメリットを融合~

更新日:


サトシ・ナカモト氏による論文をもとに、2009年にビットコインの運用が始まりました。これが、仮想通貨誕生の瞬間です。

そして現在、ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨が産み出され、その数は数千種類にも上るとされています。

全ての仮想通貨は、それぞれが他の通貨にはないユニークなメリットを持っています。

時価総額では圧倒的1位の座に君臨するビットコイン(BTC)、そして長く2位の座を保っているイーサリアム(ETH)は、共に仮想通貨を代表する存在でありながら、全く異なる特徴を持っています。

そして、この2つの通貨のメリットを1つの通貨に取り入れたのが、クアンタム(QTUM)です。

クアンタムとは

「クアンタム(Qtum)」は、単位を「QTUM」とするアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の一つです。

クアンタムはなぜ必要とされているのか?

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の代名詞ともいえる通貨です。最も古い歴史を持ち、時価総額では圧倒的1位です。

ビットコインは、匿名性やセキュリティに優れた「UTXO(Unspent Transaction Output)」というブロックチェーンシステムを採用しています。

イーサリアム(ETH)は長く時価総額2位を維持している仮想通貨で、「スマートコントラクト機能」が最大の特徴です。

イーサリアムのブロックチェーン上では、プログラミングによって新たなアプリケーション(DApps)を作り出すことができます。

クアンタムでは、これらの技術を融合させるために「AAL(Account Abstract Layer/アカウント抽象化レイヤー)」と呼ばれる技術を採用しました。

AALによって、ブロックチェーンとして優れたUTXOを採用し、さらにイーサリアムのスマートコントラクト機能を手軽に利用できるようなりました。

ビットコインとイーサリアムのメリットを融合させた通貨がクアンタムなのです。

クアンタムは、ビジネス面での活用が期待されているブロックチェーンということもできます。

クアンタムのブロックチェーン上で開発されたアプリケーション(DApps)によって、企業の事務処理を低コストで効率化できます。

クアンタムの概要

クアンタムは、シンガポールのクアンタム財団(Qtum Foundation)によって開発が行われています。

開発の中心となっているのはパトリック・ダイ(Patrick Dai)氏という若いエンジニアで、中国のEC大手アリババのリード開発者などを歴任しています。

クアンタムは2016年3月にプロジェクトがスタートし、2017年3月にICO、同年10月にメインネットの立ち上げが行われました。

マイニング方式はPoS(Proof of Steak)方式を採用しており、PoW(Proof of Work)方式の問題とされる一部マイナーへの権力集中が起こりにくくなっています。

クアンタムの公式サイト等

公式サイト:https://qtum.org/en
ホワイトペーパー:https://qtum.org/user/pages/01.home/Qtum%20whitepaper_en%20v0.7.pdf
GitHub:https://github.com/qtumproject
Twitter:https://twitter.com/qtumofficial
Facebook:https://www.facebook.com/QtumOfficial/
reddit:https://www.reddit.com/r/Qtum/
Telegram:https://t.me/qtumofficial
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCa4iVp5iMC8gijxBvzZI3UA

時価総額ランクング:33位(2018年8月6日:CoinMarketCapより)

クアンタムの特徴

ビットコインの「UTXO(Unspent Transaction Output)」

「UTXO(Unspent Transaction Output)」とは、ビットコイン(BTC)で採用されているブロックチェーン技術の名称です。オープンソースなので、誰でも利用できます。

一つのウォレットに10BTCの残高があり、そこから3BTCを他のウォレットに送金すると、残高は7BTCになります。

小学校1年生レベルの算数ですが、実はブロックチェーンでは簡単な処理ではありません。それは、10BTCを一つの塊とみなし、その一部だけを送金するということはできない(またはとても難しい)からです。

そこで、3BTCの送金を行いたい場合、送金元のウォレットから10BTCを一度取り出し、そこから3BTCを送金先のウォレットに、7BTCをおつりとして元のウォレットに戻すという処理を行います。

ウォレットには使用済みのトークンと未使用のトークンが記録されています。

上記の送金を行った結果、ウォレットには

  • 使用済みの10BTCのトークン
  • 未使用の7BTCのトークン

が記録されています。それによって7BTCがウォレットの残高として表示され、元々あった10BTCがどのように処理されたかを確認することも可能です。

残高のみを記録するアカウントベースのブロックチェーンと比較した場合、出金のデータと照らし合わせて残高を確認するUTXOは、二重払いなどの不正が起こりにくく、プライバシーやセキュリティの面でも優れているとされています。

イーサリアムの「スマートコントラクト機能」

イーサリアム(ETH)が多くの仮想通貨の中で時価総額2位の座をキープしているのは、「スマートコントラクト機能」があるからです。

「スマートコントラクト機能」とは、「自動契約機能」などと呼ばれることもあります。支払いに、一定の条件を付けることができます。

例えば、「阪神の試合があるときに賭け金として1ETH支払い、勝てば2ETH受け取る」といったことをプログラムで自動化できます。

スマートコントラクト機能はイーサリアムだけの技術ではありませんが、イーサリアムのスマートコントラクト機能は汎用性が高く、他の仮想通貨のベースとしても広く利用されています。

複雑な条件でも、イーサリアムのブロックチェーン上でプログラミングすることで実現できます。

クアンタムの「AAL(Account Abstract Layer)」

上記で紹介した「UTXO」はビットコイン、汎用性の高い「スマートコントラクト機能」はイーサリアムで採用されている技術です。

ビットコインでもスマートコントラクト機能をプログラミングすることはできますが、ビットコインのソースそのものを読み解く必要があり、とても難易度が高くなります。

また、イーサリアムで採用しているブロックチェーンのシステムはUTXOではなくアカウントベースのブロックチェーンを採用しており、プライバシーやセキュリティに不安な面があります。

そこで登場したのが、「AAL(Account Abstract Layer)」と呼ばれる技術です。


AALによって、ビットコインのブロックチェーンシステムであるUTXO上に、イーサリアムのスマートコントラクト機能を実装した仮想マシンを構築しました。

UTXOとスマートコントラクト機能を結び付けたのが、AALです。ビットコインとイーサリアムのメリットを融合させ、クアンタムという新しい仮想通貨を実現しました。

ライトウォレット

仮想通貨のウォレットを利用するには、基本的には該当する仮想通貨の全ブロックチェーンをダウンロードする必要があります。

しかしQTUMの場合はビットコインと同じUTXOを採用しており、それによって全ブロックチェーンをダウンロードする必要はありません。

QTUMのウォレットが軽いと言われているのは、そのためです。

QTUMは、モバイル端末での利用を念頭に置かれています。そのため、ウォレットの軽さは実用化の面でも大きなメリットになります。

クアンタムを購入するには

クアンタムは、日本の仮想通貨取引所には上場されていません。そのため、クアンタムを購入するには海外の仮想通貨取引所を利用しなければなりません。

クアンタムを購入できる仮想通貨取引所

クアンタムは多くの仮想通貨取引所に上場されていますが、特に理由がなければバイナンス(Binance)の利用をおすすめします。

バイナンスは海外の仮想通貨取引所ですが、日本人ユーザーが多く、日本語の解説サイトも多く存在します。

バイナンスでクアンタムを購入する流れの一例です。

  1. ビットフライヤーとバイナンスに口座を開設する。
  2. ビットフライヤーに日本円を入金する。
  3. ビットフライヤーでビットコイン(BTC)を購入する。
  4. ビットフライヤーからバイナンスに、ビットコインを送金する。
  5. バイナンスで、ビットコインでクアンタムを購入する。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法をわかりやすく説明
バイナンス(BINANCE)の登録方法をわかりやすく説明

また、バイナンスでクアンタムを購入する前に取引所の独自トークン「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」を購入して、それを手数料として利用すれば、手数料が割引されます。

購入したクアンタムは、取引所のハッキング被害などを防ぐために、公式のウォレットに保管しておくことをおすすめします。

こちらから、公式ウォレットのダウンロードができます。
QTUM WALLET:https://qtumeco.io/wallet

クアンタムまとめ

数多くの仮想通貨の中で、時価総額で1、2位の座をキープし続けているのがビットコインとイーサリアムです。

ビットコインやイーサリアムが今の位置を維持しているのには、理由があります。それぞれが持つ独自の特徴が、利用者のニーズに応えているからです。

しかしビットコインとイーサリアムは、仮想通貨という点では同じでも、特徴や用途は全く異なっています。

クアンタムは、ビットコインの持つプライバシーやセキュリティ、イーサリアムの持つ自由なスマートコントラクトの両方を実現させています。

ビットコインやイーサリアムの影響を受けやすいという点には注意が必要ですが、仮想通貨を代表する2つの通貨のメリットを融合させたクアンタムには、大きな期待と注目が集まっています。

-コインの説明

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.