EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

基礎知識

仮想通貨の始め方を初心者にわかりやすく説明

更新日:

何かと話題の尽きない仮想通貨。

おそらく名前だけならほとんどの方が一度は耳にされたことがあるでしょう。
このページを訪れていただいたのなら、少なからず仮想通貨に興味を持っておられることと思います。

確かに興味はある。
でも実際に仮想通貨を始めるには何から始めればいいのか?

当然思う疑問です。

ここでは、仮想通貨を始めるには一体どのような手順で進めていけばいいのか?
そのおおまかな流れについて説明していきたいと思います。

仮想通貨とは?

始めるのはいいけど、そもそも仮想通貨とは一体何なのか?
なんとなくは分かっていても、実際に説明するとなると自信がないという方は多いのではないでしょうか?
確かにこの知識がなくとも仮想通貨を始めることは可能です。

しかし、あなたが実際に始めようとしている仮想通貨が一体どういったものなのかを先に知っておいて損はないと思います。

仮想通貨とは何か?意味や仕組みなどを分かりやすく簡単に説明

上記のページではそれを説明させてもらっています。

 

専門的な説明ではなく、あくまで仮想通貨とはどういったものなのかを説明している内容です。
実際に始める前に、興味があれば是非のぞいてみて下さい。

 

仮想通貨の始め方

実際に仮想通貨を購入するまでの手順はそれ程難しいものではありません。

株やFXなどの投資経験がなくても簡単に始めることができます。

基本的な仮想通貨購入までの手順はこうです。

1.取引所への登録を行う

2.日本円を入金する

3.好きな仮想通貨を購入する

この3つの手順を行うことで、実際にあなたは仮想通貨を保持することができます。

 

最初に説明しておきたいのですが、ここで説明している取引所は仮想通貨交換業者を意味しています。

仮想通貨の売買を行うには、取引所と販売所の2種類があり、その違いは仮想通貨の購入先です。
企業(仮想通貨交換業者)から売買するのが販売所で、個人で売買を行うのが取引所です。

この販売所か取引所、もしくはその両方をもっているものを正しくは仮想通貨交換業者といいます。
なのでここで説明している取引所は全て仮想通貨交換業者を意味しているものだとご理解ください。

それでは順番に仮想通貨を購入するまでの流れを見ていきましょう。

 

取引所への登録

仮想通貨を始めるには、まずは仮想通貨を実際に買ったり売ったりできる環境を作る必要があります。

それが、取引所への登録です。
これがあなたが仮想通貨を始める第一歩になります。

取引所といっていますが、現実に場所があるわけではなくあくまでインターネット上で売買が行われています。

簡単に説明すると、仮想通貨を買いたい人、売りたい人が集まって売買をする場所がこの取引所です。

 

この取引所への登録ですが、まずは国内の取引所の登録を行ってください。
理由としては、海外の取引所では日本円が使えないからです。

海外の取引所で仮想通貨を購入する場合、まずは国内の取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨を海外の取引所へ送り、その仮想通貨を軸に他の仮想通貨を購入するという流れが基本となります。
なのでまずは国内の取引所への登録を行いましょう。

 

登録は無料で行うことができ、基本的に免許書などの身分証明書とメールアドレスがあれば登録可能です。

初心者の方が仮想通貨を始めるのに最適な国内の取引所を当サイトから2つ紹介させてもらいます。
登録への手順も別ページで細かく説明させてもらっているので是非参考にしてみてくださいね。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

現在、ビットフライヤーは世界一セキュリティが強いと認定されています。
PCはもちろん、スマホアプリも見やすく使いやすいです。

仮想通貨取引を行うにあたってBTC、ETHが基軸になっているケースがほとんどです。
リスクヘッジ・基軸取引所として開設しておいて損はないです。
というか、仮想通貨取引をするなら必ず登録すべき取引所です。

取り扱い銘柄

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアム・クラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)

ビットフライヤーの特徴

・世界No.1の安全性・セキュリティの高さ
・ビットコイン取引量・ユーザー数国内No.1
・ハッキング被害には補償サービスあり
・PC・スマホアプリがめちゃ見やすい

>ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法をわかりやすく説明

 

Zaif(ザイフ)

ザイフ

こちらも国内取引所ではセキュリティの高さに定評あり。
従来よりもマルチシグを強化、コールドウォレット比率UP。
ビットコイン取引においては手数料がマイナス(取引すればするほどもらえる)。
さらに毎月希望金額を定額で自動引き落としする「Zaifコイン積み立て」もできます。

取り扱い銘柄

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(NEM/XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
他トークン11銘柄

Zaifの特徴

・ビットコインの取引手数料がマイナス
・ネム・モナコインの人気アルトコインが購入できる
・仮想通貨の積み立て投資ができる「Zaifコイン積み立て」
・11種類の豊富なトークンが購入できる


>ザイフ(Zaif)の登録方法を分かりやすく説明

 

日本円の入金

取引所への登録が完了すれば、次に仮想通貨を購入するための日本円を入金しましょう。

ネットバンキングを使っての入金またはATMからの入金が一般的です。
どの取引所でも「入金」の項目があるので、その項目から入金方法を選んで入金を行ってください。

仮想通貨の取引所への入金の場合は、「住信SBIネット銀行」をオススメします。
国内の取引所のほとんど利用しています。

入金手数料も無料で、スマートフォンであっても入金が可能なので非常に便利です。
長期に渡り仮想通貨の取引を考えられているなら、住信SBIネット銀行の口座開設を是非オススメします。

 

仮想通貨を購入する

実際に入金が完了すれば、最後に仮想通貨の購入です。

ビットコインを始め、仮想通貨の高騰などのニュースで高くて買えないんじゃないかとイメージされている方も多いと思いますが、仮想通貨は小額からでも購入が可能なので安心してください。
取引所によりますが、最低購入単価である数百円~数千円で購入が可能です。
最初はやり方を覚えるという意味でも、小額での取引から始めるのがいいでしょう。

仮想通貨取引所に登録してタダでビットコインがもらえたり、現金がもらえたりする方法もあるので、下記もチェックしてみてください☆

実際に購入できる仮想通貨の種類ですが、取引所によって異なります。
言い換えると、その取引所で扱っている仮想通貨しか購入はできません。

あなたが購入したい仮想通貨がその取引所で扱っていない場合、取り扱いのある別の取引所に登録するか、その取引所で取り扱われるまで待つという形になります。

最後に&オススメの仮想通貨5選

いかがでしたでしょうか?

今回は具体的な細かいやり法ではなく、仮想通貨購入までに至るおおまかな流れを説明させてもらいました。
ここまで読んでいただけたのなら、なんとなく購入までの手順がみえてきたことと思います。

最初に説明した通り、仮想通貨を始める第一歩は取引所への登録です。
なのでまずは取引所への登録を行うところから始めてみてください。

実際に取引所へ登録した後ですが、ほとんどの方はどの仮想通貨を最初に買おうか悩まれることと思います。
最後に時価総額が上位をキープしている仮想通貨の中で、当サイトが信頼性が高いと判断した国内の取引所で購入可能な仮想通貨を5つ紹介させてもらうので、もしよければ参考にしてみてください。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは世界初となる仮想通貨で、時価総額も常に一位をキープしている仮想通貨の王様のような通貨です。

その圧倒的な知名度から、ほぼ全ての取引所で購入することが可能で、他の仮想通貨を買う際の基軸通貨としても多くの方が利用しています。
なのでビットコインに関しては取り扱いのある取引所一覧の紹介は割愛させていただきます。

取引量も膨大な為、他の仮想通貨に比べると変動は少なく、安定している通貨といえるでしょう。

ビットコインのオススメ取引所:bitFlyerbitbank.cc

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュはその名前の通り、ビットコインから分岐(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。

簡単に説明すると、送金時間やセキュリティ面などビットコインが抱える問題点を解消したとして注目されている仮想通貨です。
もしかしたら今後、ビットコインに取って代わる可能性も十分に考えられるでしょう。

取り扱いのある国内大手取引所/販売所一覧
bitFlyer、Zaif、coincheck、bitbank.cc、QUOINEX、BITPoint、BTCBOX、GMOコイン、みんなのビットコイン、BIT Trade、FISCO

ビットコインキャッシュのオススメ取引所:Zaifbitbank.cc

 

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次いで時価総額も二位に位置付いけている仮想通貨です。

この通貨の最大の特徴は、スマートコントラクトという送金情報以外にも送金する条件を記入することができるシステムを導入している点です。
少し聞きなじみのない単語を使いましたが、条件が満たされると自動で送金を行うことが可能なスマートコントラクトが導入されている通貨の中で最も利用されている仮想通貨です。

より詳しく知りたい方は下記記事を参考にしてください。

今さらながらイーサリアムとは何か?わかりやすく簡単に説明。今後の将来性や如何に?

取り扱いのある国内大手取引所/販売所
bitFlyer、Zaif、GMOコイン、bitbank.cc、DMM Bitcoin、QUOINEX、BITPOINT、coincheck、みんなのビットコイン、Bit Trade、BTCBOX

イーサリアムのオススメ取引所:ZaifQUOINEX

 

リップル(XRP)

リップルは送金の反映がとても早く、手数料も格安なのでとても注目度の高い仮想通貨です。

主に海外を含める銀行の送金システムとして需要が期待されている通貨で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など大手の銀行が実用化の研究を行っています。
みなさんご存知のGoogleが出資していることでも有名で、将来性が非常に高い通貨の一つといえるでしょう。

より詳しく知りたい方は下記記事を参考にしてください。

リップル(Ripple)とは?今後の将来性と購入できる取引所

取り扱いのある国内大手取引所/販売所一覧
bitbank、Coincheck、GMOコイン、DMM Bitcoin、QUOINEX、BitTrade、BITPOINT

リップルのオススメ取引所:bitbank

 

リスク(LISK)

イーサリアム同様スマートコントラストが導入されている仮想通貨なのですが、この通貨の最大の特徴はサイドチェーンという別に記録を作っておくシステムが導入されている点です。

メインの記録とは別に情報を残しておくことで何か問題が発生しても元の状態に復元することが可能なのでセキュリティ面に非常に優れた通貨です。
そのセキュリティ面が評価され、あのマイクロソフトと提携を結んでいるというのも有名な話です。

取り扱いのある国内大手取引所/販売所
bitFlyer、coincheck

リスクのオススメ取引所:bitFlyer

-基礎知識

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.