EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

FX 基礎知識

【FXの基礎知識】仮想通貨FXで癖の強い値動きを読み取るチャート知識をつけておこう!

更新日:

仮想通貨投資の人気の理由は、ボラティリティ(値動き)の高さです。値動きの激しさが、投資家の欲求を解消させ、仮想通貨の魅力に引き込まれていくのです。
この値動きは外貨の値動きに比べ、本当に癖が強いと感じています。

初心者が急に仮想通貨FXに手を出せば、資産を溶かすのは目に見えています。そうなる前に、仮想通貨のチャート分析をし、デモで分析の検証をしましょう。それが勝利の鍵です。

チャートは情報の宝庫!しっかりと理解しましょう。
チャートとは価格推移を視覚的に表現したグラフです。

仮想通貨取引所の取引画面にはほぼこのグラフが表示されています。
そのグラフを一般的にはチャートと呼び、チャート画面を分析して投資判断を行うことをテクニカル分析といいます。

テクニカル分析の初歩を理解すれば、投資によって損失を被るリスクが下がり、利益を得られる可能性が高まります。
チャートには、仮想通貨取引の結果としてどの様な価格推移があったのかが全て表示されています。

言わばその銘柄の需給が表示されていると言うことです。仮想通貨の価格は需要が増えれば上昇し、供給が増えれば下落します。
正にチャートは人間の心を可視化した物とも言って良いでしょう。その心理を予測するのがテクニカル分析なのです。

しかし投資初心者はチャート画面を見ても、そこからどの様な情報を読み取ればいいのかわからないと感じるでしょう。
チャート画面に表示されている情報を読み取る為の基礎知識を備えていないと、価格が上がっているのか、もしくは下降気味なのかと言う情報しか読み取れない。

自分以外の投資家達の心を読み解き、価格変動を予測することが投資で勝つために必要な姿勢であると言えます。

投資経験が豊富な人たちは、このチャート画面から多くの情報を読み解き、投資のヒントにしています。そこで今回は初心者がチャート画面を読み解くスキルを身につけるために必要な基礎知識をご紹介いたします。

ファンダメンタルズの分析基礎を知る

チャートを読むには、テクニカル意外にも、ファンダメンタルズ分析というものがあります。

ファンダメンタルズ分析とは、仮想通貨への期待度から価格変動を予測するものです。
例えば、自分が所有する仮想通貨が大きな取引所に上場されたり、大企業との提携が発表されたりと言う情報は、通貨への期待を高めるので価格が上昇する見込みが高いと言えます。

仮想通貨では、特にファンダメンタルが大切になります。

チャートを読むための基礎知識

チャートに表示されている、棒や線にどの様な意味があるのかを理解しておかなくてはなりません。ここからはチャートに表示されている記号や線の意味を説明します。

分足・時間足・日足・週足とは

時間足や日足は、チャートに表示される棒が期間ごとの情報なのかを示しています。例えば1時間毎に棒を1本並べているのは1時間足、一週間に1本のローソクを作って並べたのが週足という事になります。

上の画像は1時間足の画像となっており、緑と赤の部分がローソクになります。

仮想通貨取引のチャートはどの程度の期間で区切るのかを自分で設定できるので投資スタイルにあわせて設定しておきましょう。
ロングトレード・デイトレード・スキャルピングなど、あなたのスタイルにあわせてです。

ローソクを見れば一定期間の価格推移がお見通し

チャートに表示されている縦棒と、棒の上下から伸びている線(ヒゲ)をあわせてローソク足と呼びます。そしてローソク足には、設定した期間毎の価格推移が反映されています。

四角い棒は、その期間の取引が始まった最初の価格と終了した時の価格を表しています。
ヒゲは、その期間の最高価格と最低価格を示しています。

取引所のチャートを見ると、赤色と緑色(青色などもある)の2種類の色でローソク足が表示されていて、それぞれの色の棒のことを陽線・陰線と呼びます。

陽線とは、始まり値よりも終値が高いときに表示されるローソク足のことです。
陰線はその逆で、始まり値よりも終わり値の価格が低いと言うことです。

つまり陽線が表示されている期間は価格が上昇し、陰線が表示されているときは価格が下落したという意味になっています。

大陽線と大陰線

陽線・陰線の中でも、特にローソクのサイズが大きいものを大陽線・大陰線と言います。
大陽線・大陰線は始値と終値の価格差が大きいということです。

大陽線はその期間に価格が大きく高騰したことを意味し、大陰線なら価格が暴落したということです。「大」をつける基準はありませんので、どの程度が大陽線・大陰線なのかは明確には説明できませんが、激しい値動きがあったときに表示されます。

この大陽線・大陰線の逆のローソクを小陽線・小陰線といいます。

ローソク足でトレンドを読み解こう

トレンドと言う言葉は投資の世界で使われる言葉で、価格の上昇や下落が続いている傾向のことを意味する。陽線が立て続けに発生して価格が上昇していることを上昇トレンドと呼び、陰線が続いて価格が下落している状況を下落トレンドと呼びます。

例えば上昇トレンドのときの投資家心理には2種類あります。

このまま価格が上がりそうだから自分も購入して波に乗ろうというもの。この様に考える投資家が多ければ価格は上がり続けます。

 

一方で、価格が上がって来たからそろそろ売ろうと考える投資家が多ければ、供給が増えていって価格が下落します。
テクニカル分析は、この様な投資家心理を読み解いて買いと売りを判断する手法と言えます。

テクニカル指標について

テクニカル分析を行うにあたって、色々な指標を見て判断します。指標には系統があり、系統の中に種類が分けられています。

トレンド系のテクニカル指標

チャートは数多くありますが、大きく分けてチャートには2つのタイプがあります。
1つは、トレンドをつかんでそのトレンドに乗ることで収益を得ようとするものです。

相場の方向性を確認する時に以下のようなトレンド系のチャートを使用します。

ローソク足・・・一定期間の四本値を表したもの。ローソクの形をしていることからこう呼ばれる。(赤と青の太い棒)

移動平均線・・・一定期間の価格の平均値を表したもの。(下から2番目の線)
過去の一定期間の価格(為替の場合はNY市場の終値を使用)の平均値をグラフ化したものでチャート分析における一番基本的でわかりやすい指標かもしれません。湾曲した曲線が市場のトレンドを表します。

一目均衡表・・・一目山人が昭和初期に考案。相場の方向性や転換点を表す。
一目均衡表は5つの線から成り、遅行線を除く4線はサポートライン、あるいはレジスタンスラインになります。
為替レート(価格)がその線より下にあるときは抵抗線として、その線より上にあるときは支持線(サポートライン)として作用する見方になります。

パラボリック・・・W・ワイルダー氏が開発したトレンド追随型のチャート。他にもRSIを考案した。
放物線を意味するトレンドフォロー型のチャートです。
トレンドが反転した時や相場の転換期を判断するために使用されます。具体的にはSAR(ストップ・アンド・リバースポイント)というドット・ラインでつくられたのグラフ形状からこう言われるようになりました。

売られすぎ買われすぎを可視化したオシレーター系のテクニカル指標
もう一つは、値動きの行き過ぎを測定し、行き過ぎた値動きが反転し、元に戻ろうとする力を利用して収益を得ようとするチャートです。

オシレーター系とか、逆張りと呼ばれるものです。

オシレーターとは、相場の強弱動向を振幅で視覚化して売買シグナルを出す指標です。初心者の方はオシレーター系を見てエントリータイミングを図る方がわかりやすいかと思います。

主なチャートに以下のようなもがあります。

トレンドが強い相場よりも、レンジ相場や保ち合い相場に向いています。
RSI・・・売られ過ぎや買われ過ぎを見るための指標。
RSIは0~100までの数値で表され、ローソク足チャート等と照らし合わせながら見ます。

一般に20~30以下だと「売られ過ぎ」、70~80以上だと買われ過ぎ」と判断できるとされています。

ストキャスティクス・・・売られ過ぎや買われ過ぎを見るための指標。
ストキャスティクスは、相場の売られすぎ買われすぎを0~100%の数値で表示するという点で視覚的にもRSIと似ていますが、異なる点はストキャスティクスにはラインが2本あるところです。

ボリンジャーバンド・・・上下に2本づつの線を引いた帯状の範囲内で価格が推移するとされる指標。

ボリンジャーバンドとは、移動平均を中心として上下に線を引くものです。

線は標準偏差が使われ、ほとんどのレート価格がその上下の線の間のバンド内に収まることになります。

MACD・・・主にトレンドの転換や相場の方向性を測る。
MACDは9日移動平均の「シグナル」と呼ばれるラインがあります。

上の図で言うとグレーの緩やかな線です。MACDが下からシグナルを上抜いたときが買いサインとなり、シグナルを上から下抜いたときが売りサインとなります。

また、MACDがシグナルを上抜いて買いサインが出た後、2本の線が0%以上のレベルになれば、強い上昇トレンドを表し、0%以下に下がれば強い下落トレンドと見ることができます。

 

これらのような指標を参考にして数分・数時間後の値動きを予測していくわけです。なんの予測もしないで根拠のないエントリーは必ずあなたの資産を溶かす結果を生みます。

投資家はこうしたチャートを読み取る勉強・・・いや!訓練をして利益を生み出しているわけです。
損をしたことがない投資家は聞いたことがありません。最初はみんな数万数十万の損をして、それを糧にして頑張って訓練を積んできています。

訓練をしっかり積んで頑張って利益を生み出せる投資家になって下さい。

おすすめ仮想通貨FX業者

初心者の方は国内のFX業者を利用するようにしましょう!
なぜかといいますと、海外のFX業者にはレバレッジ規制が無いからです。レバレッジについては先程説明した通り、少ない金額で大きな利益を得る事ができるすごいシステムですが、痛みも同じ様に大きく返ってくる事もある諸刃の剣なのです。

日本の金融庁は、以前このレバレッジによって多くの投資家が破産した事実を重く受け止め、日本国内業者については、レバレッジ「25倍」まで(10倍に変更予定)という規制を設けています。

しかし、海外業者にはこの規制は適用出来ません。現在1番レバレッジが高い所で500倍です。勝てればそりゃーもうウハウハですが、負けたときは・・・500倍の負債を抱えることにな
りかねませんよね。
考えたくも無いですよね。私は手持ち資金の10倍のレバレッジをかけられれば十分だと思います。

GMOコイン

GMOコイン

国内大手インターネットグループのGMOが運営するGMOコイン。
国内の取引所で使いやすく取引したい場合はコチラです。
仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」が非常に使いやすく、スマホでサクサクどこでも仮想通貨FXをしたいという方におすすめです!

取り扱い銘柄

ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
リップル


最大レバレッジはビットコイン10倍、アルトコインは5倍。ビットコインFX初心者、練習のためにはもってこいです。
何せ、ビットレ君がめちゃめちゃいいです!

ビットコインFXを始めてみたい方に最適な取引所です。

今無料口座開設で20,000satoshiプレゼント中!!

 

DMM ビットコイン

取り扱い銘柄

ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
ネム
リップル


レバレッジ倍率は最大5倍まで可能。
現物はビットコインとイーサリアムのみ。
DMMもGMO同様大手企業ですので、信頼性があります。そして、入出金に手数料がかからないのも魅力の一つと言えますね。

今なら登録だけで1000円、取引で最大5000円プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

ちなみに私はBitMEXを利用しています!
レバレッジは最大100倍で日本語表記や使いやすさもなかなかなんです。

興味のある方はぜひご覧ください!

-FX, 基礎知識

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.