EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

基礎知識

仮想通貨とは何か?意味や仕組みなどを分かりやすく簡単に説明

更新日:

楽天やLINEがついに参入し、ニュースなどでも何かと話題のつきない仮想通貨。
2014年に起きた、マウントゴックス社の破綻、コインチェックの580億不正流出・・・

テレビやメディアではものすごくネガティブに表現されていますが、実際どのようなものなのでしょう?

興味はあるけど、ネガティブイメージで実際に買ったりするとなると、つい手が止まってしまう。
そもそも仮想通貨がどんなものなのかよく分からない。

今回は、仮想通貨とは一体どういったものなのか?暗号通貨との違いは?
その基本的な意味や仕組みなどを超初心者向けに紹介していきたいと思います。

仮想通貨の言葉の意味

まず、仮想通貨という言葉が使われているのは日本だけです。
私たちが仮想通貨と呼んでいるものは、他の国では暗号通貨という名前で呼ばれており、これが本来正しい名称です。

しかし、意味としては同じものを示しているので、日本では一般的に定着している仮想通貨という名称で呼んで問題はありません。
これは仮想通貨=暗号通貨という認識が日本であるからであって、厳密に言うとこの2つに違いはあります。

 

仮想通貨は、紙幣や硬貨などが存在しない文字通り目には見えない仮想の通貨を意味しています。
身近なもので言うと電子マネーも仮想通貨です。

ようは、物体のないデータ上で管理されているお金が仮想通貨ということです。
この仮想通貨という大きなくくりの中の一つに、ビットコインなどの暗号通貨があるといった感じです。

でも、電子マネーのことを仮想通貨とは呼んでいませんよね?
これは先ほども言った、仮想通貨=暗号通貨という認識が日本で定着しているからです。

厳密には違いはあるが、暗号通貨のことを仮想通貨と言っても問題はないのはこういうことです。
なので当サイトでも仮想通貨という言葉を使っていますが、厳密には暗号通貨を意味しているものだとお考えください。

仮想通貨とはどういったものか?

仮想通貨は、インターネット上に存在するお金です。
なので日本円のような紙幣や硬貨は存在しません。

先ほども例にあげた、電子マネーがこれに近い存在です。

 

電子マネーは、現金を電子化してコンピューター上のデータで決済される仕組みです。
交通機関などで使われているSuicaや、コンビニなどで使われているEdyなどがこれにあたる電子マネーです。

この電子マネーとの違いで、仮想通貨の特徴などを説明していきます。

仮想通貨と電子マネーの違い

世界中で使用することができる

ここが仮想通貨と電子マネーの一番の違いでしょう。
もともと、世界で共通するお金があったらという発想から生まれたのが仮想通貨です。

そして、実際に仮想通貨で取引を行う際は国外であっても手数料はあまりかかりません。
世界共通のお金なので両替する必要もなく、価値にそれほどの差はないからです。

 

非中央集権である

「非中央集権」とは仮想通貨においての大きな特徴のひとつ。
電子マネーでは中央銀行(日本の場合は日本銀行)が発行した通貨が基準になります。

日本が経済破綻したら円には価値がなくなります。
同時に電子マネーにも価値がなくなります。
日本が円を管理しているのが「中央集権」と呼ばれ、仮想通貨の「非中央集権」は国が経済破綻しようが、さほど価値に影響はでません。

誰が権力者によって操作されないという点で非常に有用性が高いものです。

 

換金ができる

電子マネーに一度変えてしまうと、そのお金を再び日本円に変えることは原則できません。

しかし、仮想通貨ではそれが可能です。
実際に日本円などに換金できる仮想通貨の銘柄は限られていますし手数料も発生しますが、それが可能なのも電子マネーとの違いの一つです。

ビットコイン→円
ビットコイン→イーサリアム
イーサリアム→XRP(リップル)
など取引所にもよりますが、様々な銘柄と交換できます。

 

価値が変わる

仮想通貨はその需要と供給によって価値が頻繁に変動します。

利用したい人、投資したい人が増えるとその銘柄の価格は上昇し、その逆が起これば価格は減少します。
また、銘柄によってはその発行の上限が決められているものもあるので銘柄による希少価値も発生します。

 

送金処理

電子マネーで取引が行われた場合、そのお金が加盟店などに支払われるまでにはかなり時間がかかります。

それに比べて送金処理のスピードが速いのも仮想通貨の特徴です。
また、その際の送金手数料が受取側の負担になる電子マネーに対して、仮想通貨は送金者の負担となります。

1秒間に数千、数万件と送金処理できる通貨も存在しています。

 

匿名性

電子マネーで取引が行われた場合、その管理は事業者が行っており取引履歴は一般には公開されません。

仮想通貨で取引が行われた場合その履歴は全て公開されますが、匿名性があります。
これは税制や不正において、デメリットな部分かもしれません。

 

仮想通貨の仕組みと価値がつく理由

仮想通貨の仕組みを説明するには、先ほど少し申し上げた「非中央集権」と「ブロックチェーン」という言葉の説明が必要不可欠です。
仮想通貨の存在を証明してくれる唯一のツールがこのブロックチェーンだからです。

言葉だけなら聞かれたことがあるのではないでしょうか?
この仕組みは信用の上で成り立っており、国による価値の保証などはありません。

このあたりの詳しい内容は下記記事で書かせてもらったのでどうぞご覧ください。

>ブロックチェーンとは?仕組みを解説

 

そもそもなぜこの仮想通貨に価値がつくのでしょうか?
一言で言えば、みんなが欲しがるからです。

私達が普段使っている日本円に価値や信頼があるのと同様に、上記で説明したブロックチェーン技術によってつくられた仮想通貨に価値や信用があると多くの方に判断されているからです。

といっても、仮想通貨はまだ身近に使用できる環境が整っていないため、その値動きで利益を得ようと購入検討する方が大半でしょう。
仮想通貨は株などと同様にその銘柄により値動きがあります。

利益を得る方法は、一般的には値段が安い時に買って、高い時に売ると非常にシンプルです。

この仮想通貨は取引所で売買が可能です。
取引所といっていますが、現実に場所があるわけではなくあくまでインターネット上で売買が行われています。

簡単に説明すると、仮想通貨を買いたい人、売りたい人が集まって売買をする場所がこの取引所です。
この取引所への登録自体は無料でできるので、もし興味があれば一度、下記から登録だけでも行ってみてはいかがでしょうか?

>目的別おすすめ取引所「三種の神器」

※基軸取引所・アルトコイン投資・仮想通貨FXの用途別におすすめの取引所をご用意しています。

その他にもエアドロップや登録だけで仮想通貨や現金をもらえるといったものや、仮想通貨の値動きを理解できる方にできるBTCFX、取引所の紹介など仮想通貨の増やし方はたくさんあります。
よかったら下記のページを見てみてください☆

 

今回は専門的な内容ではなく、「仮想通貨って何?」と聞かれたら、誰に伝えれるように説明するための記事です。

専門的にもっと知識を深掘りしたいという方は下記を是非ともご覧ください!!

仮想通貨が無料で学べるセミナー

「最短1日で仮想通貨のプロに比肩する程度に正当な知識を得られる」という名目で作られた無料セミナーです。タダです。

仮想通貨セミナー目次

序章:ビットコインの終わりとブロックチェーン、 1億総デジタル通貨時代と人工知能

第0章:デジタル通貨とは何か?

第1章:ブロックチェーン技術とビットコイン

第2章:ビットコインの終わり

第3章:真の仮想通貨について考察する

第4章:リップル技術を使って銀行・国・ 自治体がデジタル通貨を発行する

第5章:仮想通貨の真の用途は人工知能が人類に課金することだ

 

-基礎知識

Copyright© EarnerK , 2020 All Rights Reserved.