EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

仮想通貨ニュース

不安定な世界でビットコインは理想的なヘッジに

投稿日:

ビットコインの値動きは、他の金融商品とは無関係

米中貿易戦争、香港のデモ、サウジアラビアの石油産出場への攻撃など、これらの出来事は世界的な経済情勢に大きな影響を与えます。

また、株式は史上最高値付近で取引され、各中央銀行は金利を大幅に下げ、不動産市場は依然として高値を続けています。

投資家なら、資産を守るための選択肢は限られているように見えます。しかし、良いニュースもあります。それは、ヘッジとして利用できる金融商品があるということです。この商品は、他の商品市場との相関関係はありません。

株式や債券、その他の多くの金融商品は、GDPなどの経済指標や金利などの要因に大きな影響を受けています。

しかしビットコインは、それらとは全く関係のない値動きを見せています。ビットコインは多くの人から「ニュー・ゴールド」と呼ばれていますが、金との相関関係はありません。

チャートを分析しても、ビットコインは金、株式、米ドルなどの他の資産との相関関係は見られませんでした。

最近の研究では、ビットコインと原油の値動きを調査したところ、ビットコインは原油価格の変動に対するヘッジの役割を果たすことが明らかになりました。

こういった調査・研究の結果、ビットコインは理想的なヘッジであることを示唆しています。

すでにビットコインをヘッジに利用している人々も

地域的な金融リスクを負っている環境では、すでに多くの人が資産を守るためにビットコインをヘッジとして利用しています。

ADVFNとOnline Blockchain PLCのCEOであるクレム・チェンバース氏は、「ビットコインは新しい金融商品であるため、『フライト・キャピタル(資産の国外退避)』として利用されます。何かトラブルが発生した場合、移動させたり隠したりできる資産です。このようなことができる資産は、多くありません。例えば『金』は、売買や移動が困難です」と述べています。

さらにチェンバース氏は、「イランや香港の混乱、そして米中貿易戦争が激しくなる中、ビットコインは確実に需要を大きくしています。」と述べ、ビットコインは地域的なリスクに対するヘッジとして有効であると結論付けています。

まとめ

ビットコインは、「デジタル・ゴールド」や「ニュー・ゴールド」など、よく金に例えられます。

しかし金と最も異なるのは、高い流動性があるということです。多くの仮想通貨取引所でいつでも売買でき、簡単に資産を移動させることができます。

そしてさらに、他の金融商品とは全く異なる値動きを見せることが明らかになっています。

すでにベネズエラやトルコなど、国の金融政策が破たんしている国ではビットコインを始めとする仮想通貨の需要が非常に大きくなっていることが分かっていましたが、改めて、資産を守るための行動として正しかったことが明らかになりました。

仮想通貨に需要があり、望まれる形で役に立つことができるのなら、仮想通貨界においても素晴らしいことです。

従来の金融資産とは全く異なる性質を持つビットコインなどの仮想通貨は、今後も新しい需要を生み出しながら、投資家だけでなく自分の資産を守りたい人々にとって、なくてはならない存在へと成長していくのではないでしょうか。

参照記事

Bitcoin Is Ideal Hedge Amidst Rising Global Uncertainty

-仮想通貨ニュース

Copyright© EarnerK , 2019 All Rights Reserved.