EarnerK

仮想通貨に関するウェブマガジン

リップル 仮想通貨ニュース

キャッシュレス化に向かっている日本で仮想通貨との関係は?リップルへの影響も

投稿日:

日本は世界的にもキャッシュレス化、現金を持ち歩かずにカードなどを用いて決済するシステムが遅れていると言われていますが、消費税増税や今後の東京五輪や大阪万博など世界から注目されているイベントが行われるために政府としても普及に前向きに対応しようとしています。

では仮想通貨に対してはメリットがあるのかについてキャッシュレス化と仮想通貨の将来性についていくつかの流れについてお伝えします。

登録3分で完了!ビットコインFXはBitMEX一択!

来年の消費税増税に伴い、キャッシュレス決済の話題に仮想通貨はメリットは大きい?

テレビのニュースでも話題となっている来年度に実施される消費税の増税について世間から「ついに」と言う声が上がってきています。

日本の安倍首相が臨時閣議において8%から10%へと引き上げるのを決定し、それに伴い経済や家計への負担を和らげるために軽減税率を導入することを検討していますが、どの品物が現行の8%で、どれが10%なのか混乱をしている現状が庶民から見られます。

増税によって家計への負担になることは間違いないですが、仮想通貨業界にとって追い風になる話題であり、その期待度が高まっている理由としてキャッシュレス決済による政策が議論される点と言えます。

なぜキャッシュレスが追い風となっているかについて、具体的に中小の店舗において、クレジットカードなどでキャッシュレス決済を行うことで、増税分2%のポイントを消費者に還元するというものが挙げられているからです。

安倍内閣の内閣改造に伴いIT担当大臣に就任した平井卓也氏は仮想通貨やあらゆるフィンテック分野に精通しており、キャッシュレス文化に浸透しているお隣中国や電子国家として知られているエストニアにおいてもフィンテック分野が発展をしていることで、公共分野や市場において効率化を認識している事から、今回の消費税増税に伴い、出送り気味になっているフィンテック分野を後押したいと言う見方にもなっています。

キャッシュレス決済による増税分の2%ポイントの還元する話題が上ったことにより、カード事業を主力としている丸井グループなどの株価は一時上昇する形にもなりました。

仮想通貨も決済として利用出来るデビットカードが発行されている事もあって、このキャッシュレス決済によるポイント還元が認められるようになれば、仮想通貨業界にとっては利用シーンが増えてくることも考えられ、さらに保有している通貨を投資家や一般市民は増税のタイミング前に見合わせて仮想通貨を購入していこうと言う駆け込み購入に発展する事も考えられます。

現在、日本の仮想通貨取引所で法定通貨に連動したステーブルコインを取り扱っているのとことろはありませんが、今後資産保有として最近注目されいるジェミニ・ドルや大手インターネット関連事業を展開しているGMOが発行することを決定している日本円連動型ステーブルコイン、GMO Japanese Yenを保有し、キャッシュレス決済する形をとる人々も現れてくることも考えられます。

消費税増税に伴い軽減税率がどのような措置をしてくるのか、仮想通貨に関わる人々にとっては今後も注視しておくべきでしょう。

富山第一銀行がブロックチェーンを活用したデジタル通貨の実証実験を開始

富山第一銀行は地域独自のデジタル通貨の発行に向けて実証実験を行うとして、地方創生に期待の声が上がってきています。

今回実証実験によって発行される仮想通貨は、ブロックチェーン技術を用いて取引履歴などの情報を記録し、店舗側から顧客情報を追跡・分析できるようになっています。

そのため実店舗での導入を加速させていき、将来期待されているキャッシュレス化に対して対応を計るとしています。

同銀行はデジタル通貨、First Bank Coin(FBC)を発行し、専用のアプリを使い、送金や実店舗にて使用することでデジタル通貨の利用状況を把握、分析を行うとしています。

既に大手金融機関であるりそな銀行や住信SBIネット銀行などが参加している送金アプリ、マネータップは金融機関から日本円を送金できることで注目されていますが、富山第一銀行は独自のデジタル通貨を発行するとして、同行の独自のサービスを今後展開していく模様です。

同行が発行することでまず地域に根付かせて、主導権を握っていくことから、その後過去日本において行われた地域振興券の代わりとして富山を含めた北陸地方に独自通貨の影響を及ぼすことも考えられます。

キャッシュレス化に伴い、同行のデジタル通貨を保有する事でメリットがあると地元民が認められれば、普及は確実に広まっていく事でしょう。

しかし、専用のアプリを使い決済をするために、高齢者などスマホを利用するのに難しさを感じるコンピュータ弱者に対してどのように対応していくのか今後の課題も残っています。

その課題を克服するためにも現ATMが対応できるようにとシステム変更をする必要も考えられます。

今回の実験を担当するデジタルイノベーション室長、長谷川聡氏によれば、2019年10月に自治体やそのほかの金融機関と協力して正式にデジタル通貨を発行したいと考えを示し、将来確定されている消費税率の引き上げに伴ってキャッシュレス化の機運が高まっていると指摘しています。

同行発行のデジタル通貨は日本円と交換できるだけでなく、商品の販売者側が顧客情報を簡単に分析できるものとなっており、一定の効果が得られてば、他の金融機関も同通貨の利用に追従していく事も考えられます。

リップルを東京五輪の公式仮想通貨にと署名活動

東京五輪が近づいているために様々な催し物やイベントが行われる中、リップルを公式仮想通貨にしようとするキャンペーンが注目されています。

リップルとは??

このキャンペーンはオンライン署名プラットフォームであるChange.orgで展開されるキャンペーンでKen Takahashi氏が9ヶ月前にスタートし、海外のメディアからも注目を浴びています。

署名の宛先はIOC、国際オリンピック委員会となっており、現在約14000人の賛同を集めています。

海外のオンライン署名プラットフォームでの署名活動であるために若干知名度の弱さは感じつつも、関心を持っている人々がいることがわかります。

リップルに関しては最近ビットコインよりも関心があることをグーグルの検索サイトの閲覧数を見て確認できている事から、さらに人々がリップルに関心を持たすのに今回の著名活動は好材料と言っていいでしょう。

Ken Takahashi氏によれば、過去行われた北京やリオデジャネイロの時に観光客による現地通貨への需要が急増しており、両替所に長蛇の列ができたとして、リップルラボのXRPがもたらす取引スピードとセキュリティがこの問題を解決する上で大きな貢献をすると信じているとあくまでリップルの可能性に期待を持っていることがわかる。

しかし、この署名活動の影響は限定的になると考えられ、その理由として仮想通貨は現時点では低迷していることや国内においてはザイフによる仮想通貨取引所のハッキング被害の影響により仮想通貨のイメージが良いとは限らないものとなっているからである。

日本人は過去から現在に渡り投資意識が徐々に高まりつつも、まだ海外に比べ貯蓄を好む国民性からリップルが公式仮想通貨に任命されたとしても、わざわざ利用していくかは不明な点があります。

あくまでリップルの関心、認知度が高まる程度に終わる可能性が大きいと言えます。

海外の仮想通貨メディアであるビットコイニストは今回のリップルに対する賛同者に対し、SBIホールディングスとリップルが開発した送金アプリであるマネータップのサービスが始まったことが影響しているのではと分析しており、現時点では賛同者を増やすきっかけにもなっていると見ています。

マネータップの利便性、コスト削減が利用者に認められれば今後賛同者は増えてくる可能性はあると言えます。

リップルを買うのにおすすめ取引所はbitbank一択です!

bitbank

その理由は?

まとめ

キャッシュレス化に伴い、仮想通貨における決済サービスは今後増えてくると予想されます。

予想に伴い、仮想通貨として好まれるのが法定通貨に連動したステーブルコインや世界的に主流として使われているビットコインやリップルとも言えます。

キャッシュレス化が世界的にも遅れている日本においてどのようなルール作りがされていくのかさらに金融庁の政策に注目とも言えます。

-リップル, 仮想通貨ニュース

Copyright© EarnerK , 2019 All Rights Reserved.